介護について知り、介護がしやすいような環境を整えよう

リフォームの重要性

一輪車

日本は障碍者に対するバリアフリーが先進国の中では遅れている方です。東京オリンピック・パラリンピックの東京誘致が決まりましたので、今後は弱者に優しい街づくりが必須になります。住宅のリフォームでも高齢化社会を迎えてバリアフリー対応が重要になっています。リフォームについてはリフォーム専門業者もおりますが。新築専門の業者のリフォーム市場への参入も診られます。バリアフリーで大事なことは家の中だけではなく、玄関から道路への動線も段差を無くす必要があります。車いすでの生活でも移動が自由にできるようにしなければなりません。トイレや浴室のバリアフリー化ではスペースを広く取って手すりをつけて体を支えることが出来るようにしなければなりません。

リフォーム工事は思った以上に費用が掛かります。居ながらに工事が出来れば良いのですが、バリアフリーとなるとそういうわけにはいきません。引っ越しや工事期間の借家代など工事以外にも必要な費用があります。バリアフリー工事で大事なことは段差や手すりだけの問題ではありません。床は滑らないようにする工夫が必要です。フローリングにする場合でも材質によっては良く滑るのでペットがいても滑らないという材質を選べば大丈夫です。リフォームでバリアフリーを行えば見積書の内訳を添付することによって減税の扱いを受けることが出来ます。リフォーム業者と打ちあわせて見積もりのどの部分がバリアフリーに対応しているのかをチェックして税務署に申請すればその分が減税の対象となります。